川口和久 右脳的ピッチング術

川口元投手はここが大事なことだと指摘しています!!

野球少年って最近またどんどん増えていますよね。
どこの野球のスポーツ少年団でも新しく入団してくる子が増えて、人気のピッチャーなどはかなり激戦と聞きます。うちの息子も最初はピッチャーでやる気まんまんだったのですが、他の子も一生懸命ですから追いつかれ追い越され・・・。
周りからの注目を集めたい年頃の子どもですから、やっぱりピッチャーの座を明け渡すのは自尊心が許さなかったようです。

彼の弱点はなんといってもコントロールの悪さだったのですから、そのままピッチャーに止まるのは難しかったはずなのです。
何とかしてやりたいと思っても文系少年だった夫は頼りにならず、どうしたものかと思っていたときに出会ったのが川口和久氏の「右脳的ピッチング術」でした。
川口和久氏といえば記憶している人も多いことかと思います。ドラフト第一位で広島カープに入団し、その後何回も奪三振王を取得するなど、投手王国広島で大活躍した大ピッチャーだったのです。

育ち盛りの子どものことですから、親としては体に無理のかかるような練習や怪我がとても心配なものですよね。
川口氏の練習方法はそんな無理な負担を強いるのもではなく、また、子どもにも理解しやすいとても分りやすい説明をしてくれているのです。
短時間の練習でここまで変わるものかと驚くほどコントロールが良くなり、息子も再び自信満々で練習へ出て行くようになりました。

⇒川口和久の右脳的ピッチング術

サーバー